Show No.5

1ヶ月(39公演)という長いプレビュー期間中は、ショーが変化し続ける。3時間21分だった初演の公演時間が、5回目の今夜はすでに21分短縮で、23時ジャスト。舞台上ではコスチューム、小道具、立ち位置、セリフもろもろ、すべて本公演に向けて進化していく。舞台上のキャストをサポートするわれわれオーケストラも、常に楽譜の変更に追われるため、文房具は常に手元に。二本の楽器を使い分けるボクのパートに役立つのが、フリクションの蛍光ペン。ピンクがオーボエ、ブルーがイングリッシュホルン、グリーンが注意書き。プレビュー中に変更があっても、フリクションならだいじょーぶ。