週刊エコノミスト World Watch 「ニューヨークシティオペラ」

4月10日号、ワールドウォッチ・コラムへの投稿です。

週刊エコノミスト・Facebook

WORLD WATCH - N.Y.
ー伝統の「シティ・オペラ」 乗り越えた存続の危機ー

70年近い伝統を誇る「ニューヨーク・シティ・オペラ」。2月12日にヴェルディ作曲「椿姫」の舞台でシーズン開幕を迎え、5月までの短いシーズンに計4作の上演を予定する。今年初め、存続の危機を乗り越えて新たなスタートを切った。
ニューヨーク・シティ・オペラはチケット料金を低く設定し、地元の学校に音楽教育を提供するなど独自色を打ち出す。同じリンカーン・センターを本拠地とする超名門「メトロポリタン・オペラ」と対照的に、「庶民のオペラ」として親しまれてきた。しかし、ここ数年の景気停滞が経営を直撃。深刻な財政難に直面した。
オペラの経営陣は昨年から、出演ミュージシャン側とシーズンの短縮や賃金カットなどを含めた新たな契約の交渉を続けていたが、なかなか折り合わない。このため、今年1月8日、ミュージシャンを劇場から締め出す異例のロックアウトを決行。最終的には、9割近い最低保証賃金カットをミュージシャン側が受け入れた末、同19日に今後3年間の契約を結び、予定した開幕に何とかこぎつけた
米国のオーケストラやオペラは非営利団体で、チケット収入や行政からの助成の他に、企業や個人からの寄付に頼る構造だ。多くの団体は基金を確保し、経営の安定に取り組んではいる。しかし、根本的な課題は、観客の年齢層が上がり、若い世代が増えていないこと。このままでは近い将来、多くが存続の危機を迎えかねない。(伊熊啓輔・ニュージャージー在住ミュージシャン)