European Concert Tour with New York Philharmonic

昨年の11月に続き、またしてもニューヨーク·フィルのヨーロッパ演奏旅行にイングリッシュホルン奏者として参加。今回は、バーゼル、バーデンバーデン、ミュンヘン、ウィーン、ブダペスト、ベルリン、ドレスデン、ライプツィヒ、プラハと、5カ国9都市を12日間でまわる。マーラーの5番、マーラーの「亡き児を偲ぶ歌」(バリトン、トーマス·ハンプソン)、ベートーベンの3番など。「亡き児」には、かなりでかいイングリッシュホルンのソロがある。アンコールはおなじみの、バーンスタインのロンリータウン、ドボルザークの序曲「謝肉祭」など。